短期間でがっつり稼ぐ!期間工の求人を比べてみよう!

入社祝い金などの特典がある求人を優先する工場の求人は大別すると通年雇用と期間雇用があります。このうち、期間雇用は繁忙期の増員を目的とした雇用なので採用基準が緩くなっているのが特徴です。工場の側が求める最低限の条件を満たしていれば基本的に採用されるので、就労経験を積みたい人に最適と言えます。また、期間雇用は一定期間だけの臨時勤務ですが、その分だけ時給単価が高く設定されているのも利点の一つです。会社に…

続きを読む

短期間でがっつり稼ぐ!期間工の求人を比べてみよう!

入社祝い金などの特典がある求人を優先する

工場の求人は大別すると通年雇用と期間雇用があります。このうち、期間雇用は繁忙期の増員を目的とした雇用なので採用基準が緩くなっているのが特徴です。工場の側が求める最低限の条件を満たしていれば基本的に採用されるので、就労経験を積みたい人に最適と言えます。また、期間雇用は一定期間だけの臨時勤務ですが、その分だけ時給単価が高く設定されているのも利点の一つです。会社によっては確実に人員を確保するため、寮費無料や入社祝い金などの特典を用意する所もあります。同じ雇用条件なら特典が用意されている方が支出の抑制に繋がります。限られた雇用期間の中で多く稼ぐなら特典が多い求人を優先するのが賢明と言っても過言ではありません。

経験が多いと時給が高くなるケースもある

期間雇用でも経験が多ければ時給が高くなることがあります。慣れている人は手際が良く、ミスも少ないので仕事の質が高いと評価されるのが理由です。特に同じ工場で何度も働いた経験がある人は多く稼ぐことが可能と言えます。異なる会社の工場でも経験が多ければ最初の研修は不要と見なされ、すぐに現場へ配属されることも少なくありません。質の高い仕事を行うことで次の繁忙期の際は優先的に雇用される可能性があります。期間雇用は収入が安定しにくい欠点がありますが、複数の工場を渡り歩けば通年雇用以上に多く稼ぐことも決して不可能ではありません。機械や車両を操作する技能を習得することでさらに高待遇な仕事に就くこともできます。

日総工産の求人情報なら