どうすれば長く働くことができる?トラックドライバー求人の選び方

ドライバーの安心・安全のための制度があるトラックドライバーの仕事と、切っても切れないものが交通事故ですよね。この交通事故に対する対応がどのようになっているかによって、優良な会社かどうかを判断できます。交通事故を未然に防ぐための研修があるのか、トラックにドライブレコーダーやタコグラフなどの安全装置が取り付けられているのならば、会社でドライバーを守ろうという姿勢が見られて安心できますよ。自社トラックが…

続きを読む

どうすれば長く働くことができる?トラックドライバー求人の選び方

ドライバーの安心・安全のための制度がある

トラックドライバーの仕事と、切っても切れないものが交通事故ですよね。この交通事故に対する対応がどのようになっているかによって、優良な会社かどうかを判断できます。交通事故を未然に防ぐための研修があるのか、トラックにドライブレコーダーやタコグラフなどの安全装置が取り付けられているのならば、会社でドライバーを守ろうという姿勢が見られて安心できますよ。

自社トラックがきれいかどうかを見る

求人票だけでは判断できませんが、自社トラックや会社の設備がきれいかどうかも判断の指標のひとつになります。自社トラックがきれいでないのならば、ドライバーが車両を清掃する時間がないのかもしれません。反対にきれいならば、プライドを持って仕事をしているほか、トラックの設備も点検・修理されていることになりますよね。事故を未然に防ぎ、やりがいのある仕事をしたいのならば、自社トラックをチェックしてください。

何次請けの仕事なのかを確認する

運送業者の多くは、依頼された仕事がほとんどですが、下請けになればなるほど賃金が下がっていってしまうんですよね。そのため、何次請けの仕事かを確認すれば、賃金がどれだけなのか、会社の将来性があるかを確認できます。

福利厚生が充実しているのか

働くうえで欠かすことができないものが福利厚生ですよね。給与がいくら高くても、福利厚生が充実していないと、もしかしたら働きにくい会社かもしれません。福利厚生が充実していれば、黒字経営の可能性も高く、安心して長く働き続けることができるので、必ず求人票をチェックしましょう。

働くドライバーの雰囲気を見る

求人票で確認できることは限られています。最終的には、その会社で働くドライバーの雰囲気を確認すると一番わかりやすいでしょう。いきいきと働いているのならば、期待できますよね。

求人情報をみていると目に留まるトラックドライバーの求人。「運転は好きだけど不安」はじめはベテランドライバーと乗り合わせて仕事を行いますので、不安解消して一人立ち出来ます。