外資系の会社においての英語の面接の対処法

面接の対策パターンを作ることが重要外資系の会社では上司が海外の人たちだったり取引相手が国外にあったりする場合が多くあるので、英語力の非常に高い人物が評されます。外資系の会社に勤める場合、面接そのものが英語によって為されるのも一般的と言えます。日常それほど英語を話す経験がない方にとって、英語での面接は困難を極めると実感することでしょう。面接において言われることは、日本語を踏まえての面接と大差ないです…

続きを読む

外資系の会社においての英語の面接の対処法

面接の対策パターンを作ることが重要

外資系の会社では上司が海外の人たちだったり取引相手が国外にあったりする場合が多くあるので、英語力の非常に高い人物が評されます。外資系の会社に勤める場合、面接そのものが英語によって為されるのも一般的と言えます。日常それほど英語を話す経験がない方にとって、英語での面接は困難を極めると実感することでしょう。面接において言われることは、日本語を踏まえての面接と大差ないです。自分自身のPRや過去の経験、志望している動機やトライしたい仕事が基本です。日本語でしたら細部にわたって答えらる質問ばかりです。日本語によって対策プランを作成して、それを英語へと訳したものを記憶しておくのがひとつの選択肢です。

英文を考え付くまでの時間稼ぎの方法

英語に慣れていないと、イメージした言葉を英語へとチェンジするまでに時間が掛かります。日本語でしたら即座に口に出るのに、英語では時間が掛かるケースも少なくありません。言い淀んでいる状態を面接官に見られると、困っている印象をあたえます。ネガティブな印象を与えないため、英文を考え付くまでの時間稼ぎの方法を会得しておくのも克服するためのカギです。 英語においては、言葉を繰り出す前にWellなどを入れることがよくあります。映画、あるいはドラマで海外の人たちの俳優がしゃべっているセリフを聞くと、こうしたフレーズが盛んに活用されています。不自然なセリフではありませんので、英文を考え付くまでの時間稼ぎに利用しましょう。

外資系の転職はグローバル社会の台頭と共に脚光を浴びています。国際競争力が問われる中、日に日に関心が増しているのです。